• 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
 

禁煙外来

当院では「ニコチン依存症管理料の施設基準」を申請し、保険診療のできる禁煙治療医療機関として認可されましたので、平成21年4月1日より保険診療での禁煙治療を開始しています。「ニコチン依存症」の保険治療は外来患者さんを対象にしています。

保険給付の対象は、以下の条件すべてに該当する喫煙者です。

<35歳以上の方>

 1. 直ちに禁煙しようと考えていること

 2. 下記のニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)が、5項目以上あること

 3. ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が、200点以上あること

 4. 禁煙治療を受けることを文章にて同意すること

 5. 過去1年以内に保険を使った禁煙外来診療を受けていないこと

<35歳未満の方>

 1. 直ちに禁煙しようと考えていること

 2. 下記のニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)が、5項目以上あること

 3. 禁煙治療を受けることを文章にて同意すること

 4. 過去1年以内に保険を使った禁煙外来診療を受けていないこと

受診の手引き

1.毎週木曜日の午後4時から午後5時まで「禁煙外来治療」を行います。
予約制ですので、別紙「禁煙外来初診予約申込書」でお申し込み下さい。
ダウンロードしてご利用ください。
また、外来担当医や看護師にご相談されてもかまいません。
電話での予約も可能です。
ご不明なことなどございましたら、ご連絡下さい。 <電話0893-25-0535>

2.初診を含め、計5回の診察があります。

3.患者さんの負担について
3割負担(初診と4回の再診料)として、
ニコチンパッチの場合 → 約 12,000円
バレニクリンの場合  → 約 18,000円

4.ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)項目

 1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多く煙草を吸ってしまうことがありましたか?

 2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?

 3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくてたまらなくなることがありましたか?

 4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか?(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)

 5. 「4」の症状を消すために、再度タバコを吸い始めることがありましたか?

 6. 重い病気にかかった時に、タバコはよくないと分かっているのに吸うことがありましたか?

 7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?

 8. タバコのために自分に精神的問題が起こっていると分かっていても、吸うことがありましたか?

 9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?

10. タバコが吸えないような仕事や、つきあいを避けることが何度かありましたか?

PAGE TOP